FC2ブログ

【ドール】『12.令和に導きあらんことを』【令和だから私達を知ってほしい!編】



長門「最後は私ね。──私は長門。認めたくないものだけれど、このメンツの中で最年長になります。癒し処占い店という……癒しと占いをメインにしたお仕事をしているのよ」

舞香「心の汚れてる奴が聞いたら如何わしいお店に聞こえるやろけど、至って健全な店や」

長門「頭から腰、脚、単純な全身マッサージから、占いだけという人まで幅広く色々な人が来てくれるわね。占いは主に水晶とタロットがメインよ」

20190430232145624.jpg

朱葉「長門のマッサージは本当に疲れがとれるよ!」

千歳「私も以前やってもらいましたが、あまりに気持ちよくてすぐに寝てしまいました。起きたらあまりにも体が軽かったのでびっくりしましたよ」

朱葉「ADPWでも長門のマッサージのリピーターは多いのさ!」

長門「うふふ。稼がせてもらっているわよ」

20190430232143058.jpg

舞香「ぐふふふ。しかし最も最強の癒しサービスは、長門ちんに備わっている最高の巨砲やで!」

祐乃「巨砲?」

舞香「そら決まっとるがな」

20190430232144fe5.jpg

舞香「"あれ"に決まっとるがな」

祐乃「あ、ああ、確かに圧巻ですね……」

舞香「あれを目当てにくる客も絶対に多いで~?」

20190430232146a53.jpg

長門「それも癒しになるのならば、癒したい私にとっては嬉しいものです」

舞香「なっ、なんて大人の対応や!?」

千歳「舞香さんとは違いますね」

舞香「ホンマやな……。って、おーい!」

長門「平成も今日で終わりです。古き良き時代の象徴として昭和を挙げる方も多くいるとは思いますが、どうでしょうか? 平成という時代も、なかなか悪くはなかったではありませんか。──令和という時代に、フォースの導きがあらんことを」


↓押していただけると飛んで喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

【ドール】『11.コウリキの巫女』【令和だから私達を知ってほしい!編】



七神「……まあ、何を喋れば良いのか。あたしには自己紹介するほどの事は何もないんだが、とりあえず名前だけは言っておくか。あたしは七神。この巫女服はコスプレではないつもりだ」

祐菜「本当の巫女さんだもんね」

夢幻「……なんの巫女さん?」

七神「神降ろしの巫女だ」

長門「──フォースの扱いに関しては右に出るものはいない程の使い手よね」

七神「あたしの専門はコウリキだけどな。ま、フォースの扱いとしてみても負ける気はないけどね」

20190430074740296.jpg

祐菜「こんな凄い人がユナの師匠なんですよ! 凄いでしょ!? ね? ね?

祐音「……祐菜お姉様、落ち着きなさいな」

長門「フォースとコウリキって違うものなの? 私はてっきりその流派によって名称が異なるだけで、基本的には一緒のものだと思っていたわ」

七神「基本的には一緒のものだが、フォースとコウリキは、エネルギーを身体の外で発動するのか内で発動するのかによって異なる。錬成したエネルギーを外で発動させるのがフォース。内で発動させるのがコウリキだ」

祐音「……なるほど。祐乃お姉様のフォースを媒介にして妖精を呼び出すのも、祐菜お姉様のホビロンも、わたくしのレッドアイも身体の外側に効力が働いてますわね」

七神「さすが秀才妹ちゃんは話が早いな」

2019043007474304b.jpg

千歳「──先程の神降ろしというのは長門さんご存知ですか?」

長門「……ええ、まあ。私も詳しくは知らないけど──神降ろしの巫女はその身が朽ちる時、フォース……いえコウリキの化身というのかしら。そのコウリキの化身となり、次代の巫女に同化する、という文献を読んだ事があるけれど、にわかには信じられない事ね」

千歳「……ん」

長門「それ以上は、口にしてもいけないし考えてもいけないわ」

千歳「そう、ですね」

祐菜「化身ってもしかして……」

20190430074739d7c.jpg

祐菜「かなり前に師匠に見せられた怪物!?(※本当にビックリする強化計画編 参照)」

七神「おー、覚えてたか! だが怪物呼ばわりはいかんぞ。一神様は初代の神降ろしの巫女で偉大な方だ。生前はかなりの美人だったらしい」

祐菜「美人だった? ……それって」

20190430074743489.jpg

七神「──うん、話は最後だ。あたしのトレードマークである刀だけど、これは切れない刀だ。これがその切れ味を発揮するのは、フォースやコウリキに関連したもの。あるいは霊的な事象など、だ。あたしと知り合いになれば三割引で仕事を請け負ってやるよ」

舞香「金、取るんやな」

七神「当たり前だろ! こちとら商売だ!」

舞香「舞香ちゃんと七神ちんの仲やろ? 無料サービスしてえな」

七神「ふざけんな」

祐菜「……師匠


↓押していただけると飛んで喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

【ドール】『10.プロレスラーのライバル』【令和だから私達を知ってほしい!編】



朱葉「──次はボクの番だね! ボクは朱葉。ADPWというドールプロレス団体に所属するプロレスラーなんだ!」

_20190427_171625.jpg

祐菜「朱葉ちゃんはADPWに突如現れた超新星で、デビューしてから短期間でチャンピオン争いに絡むほどの実力者なんだよ!」

七神「ファンも多いしな」

祐菜「そんな祐菜と七神師匠も朱葉ちゃんのファンだしね」

七神「あたしは最初のタイトル戦も会場に見に行ったしな。王者のマッスル・カズティカと挑戦者の朱葉といえばその年のベストバウトだった」

_20190427_171858.jpg

朱葉「ありがとう! 祐菜! 七神!」

祐菜「でも朱葉ちゃんは理由あって今は一時的な欠場中なんだよね」

七神「……そうだな。あたし達、ファンとしてはまたリングに立ってベストバウトを見せてもらいたいもんだけど」

朱葉「頑張るよ! それはそうと、マッスル・カズティカの他にもボクにはライバルがいるんだ。それは舞香なんだけど……」

舞香「実力的には朱葉ちんの方が圧倒的やけどな。それでも単純な対戦回数でいったら、誰よりも多いかもしれへん」

_20190427_172004.jpg

朱葉「いや、確実に舞香だよ。──でも最近、ボクにはまたライバルができたんだ」

祐菜「ま、まさか、朱葉ちゃんを脅かすほどの実力者が!?」

朱葉「うん、まあ、千歳なんだけどね」

_20190427_172136.jpg

千歳「………………え。私ですか?」

朱葉「先にも言った通り、千歳の持久力はかなりのものでね。千歳はボク以上に長く走れるはずさ」

千歳「意識した事はなかったですが」

朱葉「今のボクの目標は、千歳よりも長く走れる持久力をつける事さ! 千歳はボクの目標でありライバルなんだ!」


↓押していただけると飛んで喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

【ドール】『9.ファストスマイル』【令和だから私達を知ってほしい!編】



千歳「では舞香さんも終わった事ですし、次は夢幻ちゃんですね」

夢幻「……むい?」

祐菜「順番はどういう基準なんですか?」

千歳「え。この家にやってきた順だと思ってましたけど」

20190425210255419.jpg

舞香「ちょい待てぇーいっ!

七神「相変わらずテンション高いな、舞香姐さんは」

舞香「まだこれからやろ! これから舞香ちゃんの最大の魅力を紹介していくとこやろ!?」

千歳「もう充分です。舞香さんの魅力は、もっと他の物語でたくさん見せてください」

舞香「いやや、いややー! もっと目立ちたいねん! もっとチヤホヤされたいねん!」

千歳「……やれやれ。朱葉さん、お願いできますか?」

朱葉「いいよ!」

20190425210256b7a.jpg

舞香「いやや、いややー!」

朱葉「ほら舞香、あっちへ行っとこう!」

舞香「もっと目立たせてーな!」

朱葉「舞香はいるだけで目立ってるから、大丈夫さ!」

舞香「そういう目立ちやな……アッー!?

20190425210256b4b.jpg

千歳「さあ。夢幻ちゃんどうぞ」

夢幻「……ん~」

七神「不思議ちゃんって何か喋る事あるのか?」

長門「とってもミステリアスな子よね」

201904252102569b3.jpg

夢幻「……ふふり」

祐音「夢幻、とりあえず笑って誤魔化したわね」

夢幻「……もーんだいないさーーー!」


↓ひょんな事からポチっと押してもええんやで?

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

【ドール】『8.舞香弁という名の方言』【令和だから私達を知ってほしい!編】



舞香「やっほーやで! みんな大好きっ、舞香ちゃんとはうちの事や!」

祐菜「えっ、みんな大好きだったんですか!?」

舞香「アホかっ! みんな大好きになる要素しかあらへんやんけ」

祐菜「ん、ん~……」

2019042320231412d.jpg

千歳「そんな不毛な議論は置いときまして──」

舞香「不毛なんやな」

千歳「舞香さんはこう見えても大会社の御令嬢です。私が以前参加したトレジャークルーズ(トラブるトレジャーハント編)の時は、舞香さんのお父様も登場しましたね」

舞香「パパは過保護すぎるねん」

2019042320231693f.jpg

千歳「そんな過保護すぎる舞香さんのお父様が、舞香さんのお目付け役として送ったのが影月さんです」

祐乃「普段から凄く寡黙な人だよね」

長門「私がここに来てから口を開いたところを見た事がないかもしれないわね~」

七神「……あたしもないかも」

舞香「影月ちんはシャイやからな」

20190423202319565.jpg

祐菜「舞香さんは運動神経や格闘戦も強いよね」

千歳「そうですね。当たり前のように三角飛びしたり、朱葉さんと戦えたりしていますよね」

朱葉「舞香はボクのライバルだからね!

舞香「本気出した朱葉ちんの前には手も足も出えへんって」

祐音「舞香と朱葉の二人のせいでバトル寸劇になりかねないですわね」

20190423202318aac.jpg

舞香「ここだけの話、舞香ちゃんにはまだ隠された魅力があるんやで

祐菜「……誰と喋ってるんですか?」

舞香「ベタなツッコミありがとうやで~」


↓ひょんな事からポチっと押してもええんやで?

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ピケ

Author:ピケ
2012/10/17 ドールデビュー!
初ドールはアゾン/ピュアニーモ魔女っ子みあ(白)
ツイッターでは miafun1017のアカウント名で活動中。
リンクフリーです。
現在、相互リンク・交流してくださる方を募集中!
記事のコメント、拍手コメントにてお知らせくださると嬉しいです。

☆ブログ内の主な登場人物達
・祐乃=ユノ
・祐菜=ユナ
・祐音=ユネ
・千歳=チトセ
・舞香=マイカ
・夢幻=アリス
・朱葉=アヤハ
・七神=ナナカ
・長門=ナガト

撮影は2014/7/18よりNikon COOLPIX P100を使用。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
118位
アクセスランキングを見る>>
参加ランキング
応援バナー
DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! 初音ミク × Dollfie Dream(R) マクロスF × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ