今日はハロウィン♪



祐菜「トリックオアトリート! 祐乃お姉ちゃん!」

2013103121400000.jpg

祐乃「はい、どうぞ、祐菜ちゃん」

2013103121410000.jpg

祐菜(そうなんだけど……そうなんだけどっ! オチがめっちゃ普通~!)



ハロウィン系の衣装も無かったので、せめてお菓子を出してみました。
確か、去年のハロウィンだったかクリスマスとかに、アゾンさんから貰ったチョコです。
……あ、て事はバレンタインかな?


↓宜しければ押していただけると、ドール達も喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

今日の一枚



祐音ちゃんにマニッシュショートを返して、久々にレナちゃんに戻してみました。
レナちゃんの可愛さの一つに、マニッシュショートは一役買っているんじゃないかなと思います。
もっと色々と試してみたいですね!

↓宜しければ押していただけると、ドール達も喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

雪歩みたくなった祐乃ちゃんと遊ぶ。



タイトル通りです。
この祐乃ちゃん、割と結構気に入ってしまったので、新しい感覚でドルドルしてみました。
金髪から茶系に変わって、イメージも大きく変わったので、むしろ新キャラみたいな錯覚もありましたね。
金髪だけじゃなく、茶髪や黒髪も新たな境地としてやってみるのも良いかもしれません。

それにしても、マニッシュショートの髪型って結構可愛いですよね!

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

雪歩みたいになっちゃった。



祐乃ちゃんに、マニッシュショートを被せたらアイマスの雪歩みたいになっちゃったよ。
最近世に出てきた、DD雪歩よりも似ている気がする……ってのは、ただの親馬鹿でしょうか?
でもまあ、雪歩はもっとオカッパですけどね。

以下、拍手コメ返信。

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

一発ネタ!



祐菜「パパ! ポケモン勝負しようよ!」

ピケ「良いよ! ――って祐菜、種族値が高いポケモンばっかりだな……」

祐菜「ふっふっふ。大艦巨砲主義だよ、パパ」

ピケ「いいさいいさ、こだわりのポケモンで勝負すっから」


 題「ポケモンバトル!」

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

祝☆一周年!

2013102617550000.jpg

今月、17日にドールデビューしてから一周年が経ちました!
本当は17日にやりたかった記事内容なんですが、うっかり忘れていたのと、消化しちゃいたい記事がたくさんあった事もあって、このタイミングでのお祝いとなりました。

画像の白魔女みあさんは、私のドールデビューと共にお迎えした娘です。
今でも白魔女みあさんを見ると、当時の気持ちがよみがえってきます。
これが初心ってやつだね!
最近はあおとの大冒険で主に活躍していましたけど、ピケリアの流れはこのみあさんから始まってます。
今はDD三姉妹にその流れが受け継がれてますけどね。
そういえば、最近はピケリアでやってないなあ。

続きページからは、ドール紹介のような流れに。
今現在でお迎えした、全ての娘達をご紹介!
一周年でこれだけお迎えしたんだなーと思いますが、これ以上にお迎え数多い人も結構いるでしょ!?

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

フリートーク9



最近、初音ミクのプロジェクトディーバFを購入しました。
まあ、凄い今更なんですけどね。
実は今まで、ボーカロイドには大した興味も無かったりしたんですが、この機会に少し触れてみようと思い、やってみました。
いやー、見事にはまっています(笑
リンちゃんとMEIKOさんがお気に入りになりました。
曲はMEIKOさんの「Nostalogic」がマイブーム。
でも結構難しいですね、このゲーム。
楽しいんですけどねえ。

それにしても、ゲーム紹介は祐菜ちゃんの専売特許になってきましたね!

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

あお大/起章/画像まとめ


あおとの大冒険、起章のまとめ画像となります。
起章は東側の港町アマシーネから、西側のスイートツーへ渡るところからスタートしました。
画像はあおととフェイトが、船(のつもり)で西側へ移動中の真っ只中。
だけどこの後、フェイトちゃんは早々に離脱してしまうのでした。

過去編と現在編の二つで構成された起章だったわけですが、書いている自分でも微妙にわけがわからなくなりました。
もっとモチベーションが高ければ、過去編と現在編は独立させたかったんですけどねー……。
とりあえず、続きページより進んでいきます!

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

中間報告4

2013101619280000.jpg

名前:あおと
レベル:5
体力:110
魔力:30
攻撃:95+5
防御:45+15
速度:100
特殊:25
装備:
Eナイフ(攻+5)
Eギムナジウム制服(守+5)
Eエルシオンシールド(守+10)
必殺:高速斬り(反撃/特殊-5)、高速斬り(先制/特殊-5)、ナイフ投げ(通常/特殊-5)
魔法:ヒール(回復+30/魔力-5)、ヒーラ(回復+60/魔力-15)


2013102121270000.jpg

名前:フェイト
レベル:3
体力:40
魔力:30
攻撃:15+20
防御:20+20
速度:30
特殊:10
装備:
E雷斧バルディッシュ(攻+20)
E魔法戦闘衣(守+20)
必殺:連続攻撃(素手時/二回攻撃:特殊-0)
魔法:ヒール(回復小:-5)、サンダ(雷/小ダメージ:-10)


2013092919240000.jpg

名前:ガウ
レベル:?
体力:30
魔力:0
攻撃:70
防御:5
速度:30
特殊:0
装備:無


あおとの大冒険の二章目、起章も終わりましたので、最終パーティーの中間報告です。
あおとは超パワーアップ!
フェイトは離脱していたので変わりなし。
ガウは極端なステータスですね。

↓宜しければ押していただけると、ドール達も喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

ULTRA-ACT ウルトラセブン



ずっとほしかったULTRA-ACT ウルトラセブンを買ってしまいました!
もう届いた瞬間からテンションMAXでしたよ!

早速箱から出して、色々と動かして遊んでみました。
子供の頃、こういう玩具がほしかったなあ。
子供の頃の夢は、今こうして実現できたわけですけどね!
アイスラッガーとか形を見るだけでワクワクします。
それでは、いくつかの画像と共に――。

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

起章17~手紙~

2013102121240000.jpg

 ――ユズハとの戦い。そして別れ。
 あおととガウは、ひとまずスイートツーへと戻ってきた。
 正直、ここ(西側)での目的は終わってしまい、あおとはどこへ行く目的も無い。

「……結局、みあさんに関する事はわからなかったな」

 唯一、わかった事といえば、みあは魔法力で具現化された肉体だったという事。
 だがそれは、新たな謎を生み出すに過ぎなかった。

「僕の前に現れたみあさんは、一体何だったのだろう? 僕は誰と旅をしていたのだろう」

 気力は下降気味。
 だがそれも、今回の旅にそれだけの気持ちがあったからというものだ。
 その気持ちが空振りに終わった今、あおとが気落ちするのも無理はない。

「――ガウ!」
「どうしたんだ、ガウ?」

2013102121250000.jpg

 ガウの声に導かれるように、振り向いた先には――。

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

LBX 1/1 エルシオン



今回のLBXは、ダンボール戦機Wでも主役を務めた、山野バンが駆るエルシオンです。
無印の最後に扱っていたオーディーンよりも、むしろアキレスに近い印象がありますね。
事実、説明書にもアキレスの後継機的な事を、バンが言っていました。
アキレスもそうだったのですが、エルシオンのマントも説明書を切り取る……つまりは紙なので安い感じです。
まあ、値段相応といえばそうなのかもしれませんが、もうちょっとマントはかっこいいもので再現してほしかったのが本音でもあります。

マントは別としておいて、全体的な仕上がりはなかなか良いと思います。
やはり白青系の機体にハズレはありませんね。
私個人の意見としては、赤系の配色が好みなんですけどね。
別に赤い彗星ってわけじゃありませんよ。
むしろポルコロッソです。

続きを読む

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

起章16~真実は手の外に~

2013101917150000.jpg

「――勇者様。ご相談があります」

 思い詰めた感じで、そう告げるみあ。

「ど、どうしたのさ? みあらしくない感じだけど……」
「はい。……その、単刀直入に言います!」
「お、おう」
「私も、百年後に行こうと思います」
「……思いますって言ったって、そうする方法がないから、俺達の子をコルドリープにかけて、サクヤさんに未来へ飛んでもらったんじゃないか」
「それはっ……。それは、コルドリープを前提とした話です」
「え……?」

 勇者はわけがわからず、思考が停止しかける。

「私は、コルドリープではなく、ゴースシェルによって百年後に行きます」
「……ゴースシェル。……あっ!」

 ゴースシェルとは、使用者の魂と魔法力を、何かの物へと封印する古代魔法だ。

「私の肉体はこの時代に残して、未来へと魂と魔法力を残したいと考えました」
「いやいやいやっ、でも待ちなよ、みあ! それはつまり、魂の無くなってしまった肉体は、事実上の死を意味するんだぞ!?」
「……確かに、それはとても怖いとは感じています。でも、私達の子にコルドリープをかけ、その一生を台無しにしてしまったからには、私もせめてもの罪滅ぼしをしたいと思ったんです」
「……そうだな。あの子だけじゃない、サクヤさんだって自らの存在する時間軸を捨ててまでも、俺達に強力してくれているんだもんな。その俺達がこの時代にいつまでも残って、悠長に過ごしているわけにはいかないよな」
「勇者様……」
「とはいっても、俺には百年後へ渡る術がまるで無いんだよなあ……」

 そんな勇者の態度に、みあはクスクスと笑った。

2013101917180000.jpg

「方法が無いわけではありませんよ」
「本当かい?」
「はい。私はゴースシェルによって、魂と魔法力を百年後まで封印する方法を取ります。そのゴースシェルと、全く同じ性質の魔法を勇者様にかければあるいは――」
「へえ、ゴースシェルに類似する魔法かあ。みあは凄いな。出会った頃とは比べ物にならないぐらいに、沢山の魔法を習得しているんだな!」
「そ、そんな事ないですよ。でも勇者様――」

 みあの表情が、いつになく険しい表情へと変わった。

「その魔法の名前はゴースフロー。効力はゴースシェルと変わりませんが、対象は術者から他者へと変わっています。主な違いはそれだけですが、ただ一つ問題が」
「な、何だい?」
「ゴースシェルと比べて、ゴースフローはあまりにも成功率が低いです。というよりも、確立はゼロに近いといって過言ではありません。何故なら、過去の書物を全て調べてみましたけど、成功者は一人も存在しないのです」
「……。で、でも、決して完全なるゼロじゃないだろうし、みあがやってくれるなら必ず成功するさ!」
「勇者様。……私も、自分のできる限界まで挑戦してみます」

 こうして、勇者はゴースフローで、みあはゴースシェルを使用し、それぞれの方法と思惑を胸に、百年という長い年月への大移動を開始した――。

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

あなたは先生です!

2013101908590000.jpg

梨璃「先生!

ピケ「どわーっ!!」

梨璃「私がお迎えされてから、そこそこの日数が経ちましたけど、出番はまだなんですか!?」

2013101908590001.jpg

ピケ「……!!」

梨璃「先生?」

ピケ「……!!」

梨璃「きゃー! 先生が失神してるー!」

 ――それから数分して。

ピケ「……いやマジで、心臓に悪いから突然の登場とか無しにしてくれよな?」

梨璃「はい、すみませんでした……」

ピケ「ところで、どうしていきなり先生なの? ぶっちゃけ先生に関連するとこなんてないじゃん」

梨璃「私なりのオーナーの呼び方ですよ。みんな好きな名称でピケ先生の事を呼んでいるじゃないですか!」

ピケ「だから梨璃は先生って呼びたいわけね」

梨璃「駄目ですか?」

ピケ「いや、良いよ。別に呼ばれ方に大したこだわりもないし」

梨璃「やったー! では、これからピケ先生の事をピケ先生って呼びますね!」

ピケ「これからも何も先生ってしか呼んでないじゃん」



梨璃には特別企画を担当してもらう予定なのですが、その予定自体、いつやるかは未定だったりします。
あと、梨璃の名前は変換がめんどくさいので、これからはカタカナでリリに統一します。


↓宜しければ押していただけると、ドール達も喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

ソウルジェムストラップ4 さやか穢れver



初のガシャポンカテゴリによる記事は、魔法少女まどか☆マギカから、ソウルジェムストラップになりました!
まあ、ガシャポン戦士NEXTとかを過去に何度かやっていますが、そこは置いておきましょうか。
私は結構ガシャポンが好きで、面白そうなのがあったらやってます。
そのガシャの商品を見るたびに、これで何か記事ネタできないかなと思っていたので、もうガシャポンカテゴリを作ってしまいました。

しかし、このソウルジェムは綺麗な作りですね。
当たったのは、さやか穢れverです。
穢れかよ……。
一番のお気に入りはほむらなので、ほむらのソウルジェムがきてくれればさらに嬉しさアップだったんですけどね。
さやかちゃんも決して嫌いではないけど、穢れverってのが解せぬ。

2013101721400000.jpg

やや大きいけど、DDの大きさとあってますね!
祐乃ちゃん、穢れてます。
でもまあ、穢れverでも綺麗だから良いか!


↓宜しければ押していただけると、ドール達も喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

カテゴリ追加のお知らせ

カテゴリ追加のお知らせです。

カテゴリに「ガシャポン」の項目を追加しました。
ガシャポンのカテゴリでは、ガシャポンタイトルに制限なく、私がやったガシャポンの紹介と、当たった品物の紹介をしていく予定です。

十年に一度の……。



あおと「いやー、今日の台風は凄いなあ。十年に一度くらいの規模なんだってさ! ……ん。あ、あれは!?」

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

試験運用的な何か2



祐乃「……あの、お父さん」

ピケ「どうしたんだい、祐乃?」

祐乃「ちょっと聞きたい事があるんです。以前の更新の時に試験運用的な何かをやりましたよね」

ピケ「うん、やった」

祐乃「あれって結局は何だったんですか?」

ピケ「あれはね、話すと長くなるんだけど――」

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

エーックス!



祐菜「新しいポケモンシリーズ、X、YのXを手に入れました!」

2013101419540000.jpg

祐菜「……あ、実は今まで裸足で過ごしていたんですけど、ついにソックス復活です! 私の絶対領域も完全復活!☆」

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

起章15~vs.ユズハ~

 生まれた子供は二人――。
 男の子と女の子が一人ずつの双子――。
 女の子は生まれつき、体が弱く、一年も満たずして他界する――。

「そう、か……。俺のいない間にそんな事が……」

 コルドリープの効力は、およそ2年で解けた。
 悲しみの中にあるが、それはさらなる問題点の発見に消されてしまう。
 その問題点というのが、コルドリープの持続時間だ。
 みあは勇者に対して、約5年間の凍結ができるように計算し、コルドリープの魔法をかけたのだが、実際はその半分にも満たない時間で効力切れとなってしまう。

2013101219440000.jpg

「たった2年の凍結時間では、百年なんてまるで届かないな……」
「ごめんなさい。勇者様……」
「どうしたんだ、みあ? いきなり謝ってきても、何がなんだかわからないぞ」
「私、この2年間でコルドリープの事をもっとよく知ろうと思って、勉強していたんです。すると、効果の一つがわかってしまって……」
「その、効果と言うのは?」
「はい。コルドリープの負の効果の一つに、ある程度の年齢に達したドールには、その効果が薄くなるというものがあるんです」
「……って事は、俺が予定だと5年間の凍結をするはずだったのに、2年で効果切れになってしまった理由は、単純に俺に対するコルドリープの効果が薄くなっているからなのか」
「そういう事になります。恐らく、この魔法を開発した方も、ここまで長い期間の凍結をする事は考慮に入れてなかったのでしょうね」
「まあ、そりゃそうだよな……」
「コルドリープは、ヒールやアンチのような、確立された一般魔法とは違う、極めて不安定な古代魔法ですから、こういう事態や副作用も考えておくべきでした……」
「仕方がないよ、みあ。これは誰のせいでもない。こんな突拍子もない提案をしてしまった、俺にも非はあるわけだし……」

 二人が、百年のコルドリープ計画を諦めかけたその時、サクヤが二人の会話に割って入った。

2013101312250000.jpg

「ある程度の年齢に達したドールでは、効果が薄くなる。では、その一定年齢に達していないドールならば、コルドリープの力が最大限に働く、という事になりますね」
「え、ええ。でも、そんなドールが一体どこに……?」

 サクヤは、無言で指差した。
 その先にいたのは――。

「ま、待った、サクヤさん! こいつはまだ物心もついてるかわからないような子供なんだぞ」
「ですが、アークウエストの計画を阻止する為に、必要ならばやるべきなのではないですか?」
「そ、そりゃそうだが、何も子供にやらせなくたって……」
「サクヤさん。私のコルドリープは、いくら赤ん坊に近い子だからって、百年も効果が続くかもわからないんですよ。普通に考えれば、百年後に私達は生きてはいないし、この子を百年間の凍結にかけたからって、勇者としての使命に目覚めるという保障もありませんよ」
「勇者としての使命を伝え教える者が必要なのですね。……その役目、わたくしが引き受けます」

 そう言うと、サクヤは自身の魔法力を掌に集中し、光の塊を形作っていく。
 それは、サクヤが魔法力で具現化した物になっていく。

2013101312260000.jpg

「そ、それは一体……!?」
「これが、わたくしの具現化アイテム。魔法の懐中時計です」
「懐中時計?」
「はい。この懐中時計は、武器としての使用はできませんが、とある使い方が可能なのです。その効果とは、時を操る能力」
「……って事は、その能力を使ってコルドリープに似た事をしようっていうんだな!」
「半分正解の半分不正解ですね。この懐中時計の能力を使えば、確かにわずかながら他者の時間を止める事も可能ですが、せいぜい1秒が限度です。この時計、最大の効果は、わたくしの魔法力を全放出する事によって、未来へタイムワープが可能という事なのです――」

 こうして、サクヤの能力の手助けを受けた、コルドリープ計画が再スタートした。
 みあは、自分の息子にコルドリープをかけ、時間を凍結。
 サクヤは、懐中時計の効果を使い、未来へと飛んでいく。
 つまり、事実上でこれが、勇者とみあのいる時間からの最後の別れとなる。

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

ランキングバナー変更のお知らせ

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村ランキングバナーのドルフィードリームの画像を変更しました。
以前より使用していたものは、祐乃ちゃんと祐菜ちゃんの二人だったのですが、祐音ちゃんも加わって三姉妹となりましたので、バナーも新しいものに変えました。
随分前から変更したいと思っていたのですが、どうもこの手の変更はめんどくさい気持ちが勝ってしまって、今日まで変更していなかったんですよねー……。
実際、変更しなくても活動に支障は……いや、何でもないです!
もしも、例えばの話ですが、四人目のDDとかお迎えしちゃったりしたら、画像に収まらなくなってきてしまいますよねえ。
近い将来的に四人目のお迎えは予定していないですが、長い目で見たらお迎えしたいし、どうなるかは悩みどころですよね。

……もしも四人目をお迎えしたら、その娘は姉妹設定にしない予定ではあります。
というのは、あくまで余談であり、たらればのお話ですので本気にしないでくださいね!

祐音ちゃんにトラッドティアードスカートセットを着てもらう



相変わらず「着てもらう」関係の名前は長いです。
今回は祐音ちゃん用の新お洋服。
トラッドティアードスカートセットです!

事実上の祐音ちゃん秋・冬仕様の衣装となります。
……が、いざ着せてみると、秋というよりも本格的な冬用の衣装ですね。
しかし、可愛いぜ、こりゃ。
紫主体の見た目から、白になって純真無垢なロリキャラへと変貌するか!?


祐音「ツンデレちゃうわー!」

ピケ「ツンデレ言ってねえー!」


というわけで、新しい衣装トラッドティアードスカートセットを着させて、撮影に臨みました!

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

試験運用的な何か。



ピケ「今日、みんなに集まってもらったのは他でもない……」

祐菜「いやいや、パパ。集まったって、いつも私達は同じ部屋にいるじゃないの」

祐音「めずらしく祐菜お姉様に同感ですわ」

祐乃「それでお父さん。お話の続きは?」

ピケ「ごほん……。ちょっと色々なドールブログを徘徊させてもらって、記事更新の際のドールの写し方を見させてもらったんだ」

祐音「あら、お父様もお勉強なさるんですね」

ピケ「そりゃ、たまにはするわいっ! んで、今回はそのお勉強の成果を見る為に、試験的な内容の記事にするんだ」

祐菜「言っている意味がよくわからないけど……」

祐乃「つまり、新しい何かを掴みかけているから、今回の更新を練習に使いたいって事ですね」

ピケ「祐乃ちゃんは良い子や~」

祐菜「むー! パパ、それじゃ私がおバカみたいじゃない!」

祐音「……っぷ」

祐菜「笑うなー!」

祐乃「それで、私達は何をすれば良いのですか?」

ピケ「何も特別な事じゃない。いつも通り、普通に喋ってくれれば良いんだ」

祐菜「それのどこが試験的なの?」

ピケ「まあ、良いから良いから! ――はい、それじゃスタート!」

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

起章14~覚醒の雷撃~

 西側との二度の戦いは、再び、勇者一行の活躍により、終結する事となった。
 平和を実感するには、あまりに恵まれた晴天のある日。
 勇者とその仲間達は、誰にも知られる事のない秘密の話し合いを始めていた。

「百年後。アークウエストの最高幹部は、完成したドールウエポンで攻撃をしかけると言っていたな」
「でも勇者様。本当に百年後にそのような攻撃をしてくるのでしょうか……」

2013100920100000.jpg

 心配そうな表情を見せるみあだったが、対してサクヤは冷静に言葉を選んでいく。

「西側の幹部連中は、皆が血族といっても過言ではない関係なのです。そして、彼女達の目的は、あくまでも東側の完全敗北にあります」
「一体どうして、そんな無意味な事をするのかな……?」
「みあ殿が戦争をやめるべきだという考えを持つように、戦争肯定の考えを持ち、さらには他者を戦いによって制圧しようという考えの者もいるのです。それはドールの数だけ考え方がありますし、どの考えが正しいかは一概に言い切れないものでもあります」

「ま、まあ、話を少し聞いてくれ」と、仕切りなおしの言葉をかける勇者。

「百年後の敵の計画は、本当だと仮定して、俺の考えを二人に話しておきたい。――俺は、当然ながら百年後の相手も止めたいと思っている」
「その具体的な手段はあるのですか? 勇者殿」
「うん。……とはいっても、ここから先は未知の話になる。何しろ、恐らく誰も試した事がない方法だからだ」
「興味がありますね」
「その方法には……みあの力が必要だ!」
「私の……?」
「みあの魔法、コルドリープを使って、俺を百年間凍結させるんだ」

 その意見に、サクヤはすぐに反応する。

2013100920100001.jpg

「それは事実上、不可能なのでは? 確かにコルドリープは少ない魔法力でも、長時間の間、かけられた者の状態そのものを停止する事はできますが……」
「……確かに、私の魔法力では全部を使ったとしても、百年の時を凍結させるなんて無理かもしれないですよ」
「そ、そうか、割と良いアイディアだと思ったんだけどな……」

 ――こうして、百年後の脅威といかにして戦うのか、という議論は続けられる事になる。
 しかし、真っ当な案を思い浮かぶ事もなく、ついに2年の時が流れた。
 2年の時をかけた結果、コルドリープ案が再浮上。
 この2年の間で、みあがコルドリープの詳細を調べた為でもある。
 どれだけの魔法力で、どれだけの時間が止められるのか?
 それを調べる為の実験体として、勇者自らが立候補する。

「言い出しっぺは俺だから」

 というのが、理由でもあった。
 そして、勇者がコルドリープにかけられる。
 さらに、それから間もなくして、勇者とみあの子供が誕生した。
 子供は双子であり、男の子と女の子が一人ずつ。

「コルドリープが解ける頃、子供達は何歳になっているかな?」

 魔法発動前の、勇者の言葉だった――。

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

もっとかまって!



祐菜「――パパ!」

ピケ「ど、どうした、いきなりでびっくりしたよ」

祐菜「あ、ごめんなさい。……じゃなくて、最近、私の出番が少ない気がするんだよ!」

ピケ「あー……そうかな?」

祐菜「パパは私が嫌いになっちゃったの!?」

ピケ「嫌いって……いきなり話が飛躍しすぎだって! 出番が少なかったのは、あくまで偶然的にだよ。それに少ないっていうほど少なくもないでしょ? 祐乃と祐音が連続で出たからそう思うだけだよ」

祐菜「そ、そうかなあ……」

ピケ「それより髪型変えたんだね」

2013100821000000.jpg

祐菜「あ、うん。ショートウルフに戻しただけなんだけどね」

ピケ「大丈夫。それでも十分に可愛い!」

祐菜「本当に!?」

ピケ「ああ、本当さ。祐菜ちゃんはベリーベリーキューティクルさ!」

2013100821210000.jpg

祐菜「えへへ、そんな直球でくると、私こっぱずかしい……」

ピケ「こ、こっぱずかしいって……。最近のうちの娘は標準語以外を喋るの流行ってるのか?」


祐菜ちゃんは多感なお年頃(14歳)なので、思い込みが激しいのです。
こういう時の寂しさからくる可愛さは、三姉妹それぞれの色がありまして、それが何よりもキャッキャウフフな楽しさがあったりするのです。
もう、みんな可愛い!



↓宜しければ押していただけると、ドール達も喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

祐乃ちゃん写真集Vol.1



写真集とか書くと、何か凄い売れっ子な感じがして良いよね!
いつかはね、「あ、Free Color Doll.sの祐乃ちゃんだ!」とか言ってもらえたら良いなって夢見てる。
その為にも、私はドールの素晴らしさを自分のできる限りを尽くして見せていきたいと思います。
ドールと、そして金欠と共に、日夜戦い続けるのであった――。

最後はギャグっぽくなったけど、二行目と三行目は結構マジなのよ?

とはいっても、せっかく巡りあった趣味なのだから、あんまりガツガツしすぎないでやりたいものです。
いやまあ、ほぼマイペース更新なんですけどね。
例えば一日に三回更新した時だって、無理をしているわけでもなく、ただドールの記事を書きたいから書くだけですしね。
特にドールに興味があるけど、いまだ迷っているという未来のオーナーさんの、ちょっとした後押しになれたら良いなとか思います。
もうじきドール一周年を迎える、先輩オーナーが偉そうに言ってみました(笑

では、いつも通りに行ってみましょう――!

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

起章13~再び、南西の洞窟へ~

 ――勇者がドールウエポンを倒し、アークウエストとの戦いに再び勝利を納めた。

2013100619040000.jpg

「くっ……。二度に渡って、我々の計画を阻まれるとは、ね」
「もう降伏しろ! こんな戦いを、お前達はいつまで続けるつもりなんだ!?」
「……年後よ」
「えっ……?」
「百年後。完全なるドールウエポンが世に誕生する。アークウエストで動いているドール達は囮よ。貴方達の目をこちらに引き付けておく為の、ね……」

 勇者一行は絶句した。
 たった今、倒したばかりのドールウエポンだって、みんなが力を合わせてやっと倒したものだった。
 それの完成型の誕生。
 まして、それは百年後に現れる。
 それはつまり――。

「百年後には、貴方達は存在しない。……そう、誰も私達の計画を阻める者はいなくなるのよ!」

 その台詞を最後に、現アークウエストの幹部は絶命した。

「……みあ、サクヤさん。少しだけ、話があるんだ。聞いてくれるかな?」
「うん……」
「勇者殿の仰る事ならば、なんなりと」

2013100619050000.jpg

 勇者は、二人にある提案を投げかけた――。

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

祐乃の衣替え



ピケ「寒くなってきたし、祐乃ちゃんも秋・冬仕様の洋服に変えようかね」

祐乃「はい、お父さん」

ピケ「では――おきがえちまちょーね!」

祐乃「やだっ、お父さんったら。気持ち悪いです」

ピケ「……そうだろうね。こんな台詞言いながら着替えさせている自分を想像して、非常に気持ち悪くなった……」

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

ゲームと祐音と説教



祐音「――お父様」

ピケ「あー、祐音か。どうした?」(カチカチ)

祐音「どうしたじゃありません。お父様は今、何をなさっているのですか?」

ピケ「何って……ゲームだけど? RPGツクール」(カチカチ)

祐音「全くっ、お父様ったら!」

ピケ「うわっ、いきなり怒るなよ。びっくりするじゃないか!」

祐音「私は怒っていません! ただ、ちょっと苛立っているだけです!」

ピケ「……いや、それは同じ事のような」

続きを読む

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

RPGツクールDS+やってみてる!


タイトルの通り。
ちょっとRPGツクールがやりたくなって、簡単にできるDS版でプレイしています。
ん、プレイっていうのかな?
このゲームで、あおとの大冒険の序章部分を作成していますが、なかなか難しい……。
でも楽しい!
バグが多いゲームとは聞いていましたが、今のところ作成にあたってのバグは見られませんね。
でもセーブはこまめにやってますけどね!

というわけで、今日は作成に専念させていただきます!
失礼します!
プロフィール

ピケ

Author:ピケ
2012/10/17 ドールデビュー!
初ドールはアゾン/ピュアニーモ魔女っ子みあ(白)
ツイッターでは miafun1017のアカウント名で活動中。
リンクフリーです。
現在、相互リンク・交流してくださる方を募集中!
記事のコメント、拍手コメントにてお知らせくださると嬉しいです。

☆ブログ内の主な登場人物達
・祐乃=ユノ
・祐菜=ユナ
・祐音=ユネ
・千歳=チトセ
・舞香=マイカ
・夢幻=アリス
・朱葉=アヤハ
・七神=ナナカ

撮影は2014/7/18よりNikon COOLPIX P100を使用。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2941位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
134位
アクセスランキングを見る>>
参加ランキング
応援バナー
DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! 初音ミク × Dollfie Dream(R) マクロスF × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ