FC2ブログ

【ドール】トラブるトレジャーハント編『回想録』



千歳「──と、ざっくりですが私はこう思うのです」

長門「実際の真相は今となっては闇の中だけれど……」

千歳「そうですね。それが残念ではありますけど……一般の私達が、気軽に手を出して良いものではありませんでした」

長門「……そうね」

千歳「さて、とりあえず宝はどこから入ったのか? からいきましょうか」

長門「最初に鞄を受け取った舞香ちゃん。その後に千歳ちゃん。会場に着くまでに最低二回は鞄を調べていたはずだけど、その時に宝を発見する事はなかった。最後となる三回目で、千歳ちゃんが鞄の中の宝に気がついて、その直後に犯人に強奪されたのよね?」

201903310735132fc.jpg

千歳「はい。宝を入れたのは間違いなく会場空母ショウカク外部で、汐里さんとセブンさんに鞄をチェックされた時でしょう」

長門「……ああ、確かに何かやってたわね」

千歳「知ってるのですか?」

長門「私もあの時、ダンボー状態で近くにちゃんといたのよ」

千歳「な、なるほど……」

長門「でも盗む宝を既に持っていたのに、わざわざ手放すかしら?」

千歳「結果論ですが、その方が彼らには盗みやすかった、と私は考えています。加賀さんが汐里さんとセブンさんを隊員と認識していた時点で、この二人にもきちんとした役割を受けさせたはずです」

長門「それがショウカクへのガイド役ね」

千歳「つまりこの時点で宝を持って逃げれば、十中八九、自分達が犯人ですと言っている事になります。だから二人は、加賀さん達の視線を惑わす必要があったはずです」

20190331073517852.jpg

千歳「──ショウカク外部で宝を鞄に入れられ、気づかずにいた私ですが、宝を入れた本人達は逐一私を監視していたはずです」

長門「最初は蝶野さんとかが騒いでくれていたおかげで、千歳ちゃん一人になる事がなかったものね。……あ、あと野茂さんと堀川さんもいたわね

千歳「ですが私が一人になった瞬間──」

20190331073517aba.jpg

長門「宝を奪う為に行動に移した」

千歳「この時に私を襲ったのは汐里さんだったのか、あるいはセブンさんだったのかはわかりませんが……」

長門「……ごめんなさい。私が席を外したばかりに」

千歳「いえ。それで不特定多数の参加者がいたにも関わらず、私だけをピンポイントで狙ってきた。襲われて意識が戻った時に確信しました。ここまでピンポイントに狙えるのは誰だろう? と」

長門「なるほどね。ここまでの事を逆算すると、二人しかいなくなるわね」

千歳「ただ、この時の私はまさか犯人が二人だなんて考えてませんでした」

長門「………………(考えたく、なかったのかもね)」


↓あとちょっと……あとちょっと……。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ピケ

Author:ピケ
2012/10/17 ドールデビュー!
初ドールはアゾン/ピュアニーモ魔女っ子みあ(白)
ツイッターでは miafun1017のアカウント名で活動中。
リンクフリーです。
現在、相互リンク・交流してくださる方を募集中!
記事のコメント、拍手コメントにてお知らせくださると嬉しいです。

☆ブログ内の主な登場人物達
・祐乃=ユノ
・祐菜=ユナ
・祐音=ユネ
・千歳=チトセ
・舞香=マイカ
・夢幻=アリス
・朱葉=アヤハ
・七神=ナナカ
・長門=ナガト

撮影は2014/7/18よりNikon COOLPIX P100を使用。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3755位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
166位
アクセスランキングを見る>>
参加ランキング
応援バナー
DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! 初音ミク × Dollfie Dream(R) マクロスF × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ