FC2ブログ

起章2~港町スイートツー~

 ――世界に混乱が起ころうとしている時、その一生を捧げても、混乱の抑制に努めなければならない。


 これは、とある村の、とある血族の掟だ。
 そして、みあはこの血族の長女として生まれた。
 長女であるみあは、生まれたその時から、ありとあらゆる精神、魔法の類いを教わり続けた。
 普通のドールならば、その過酷な教育を前に、すぐに逃げ出していただろう。
 しかし、生まれながらにして、その教育を普通だと思っていたみあは、決して逃げる事をしなかった。
 逃げる事を考える事もしなかった。
 ただ一つの難点は、みあには才能が無かったのだ。
 どんなにきびしく教えられても、腕の良い先生に教わっても、魔法の腕が上がる事はなかった。
 結果。みあがこの時点で覚えられた魔法は、簡単な初期治癒魔法のみだった。


 それから数年後。
 東側の大陸と西側の大陸による、大規模な戦争が始まった。
 一族の掟に従い、みあは村を離れなければならない。
 だが、能力の弱いみあを、一人で離れさせてはどうなるものか。
 それを想像するのは、あまりにも容易い事だ。

「様子を見よう」

 これが結論だった。
 みあにとっては、それが幸か不幸かはわからない。

 ――ある時、一人の若い男が、村を訪れた。
 男は旅人のようだが、酷く頼りない風貌だ。
 男は言う。

「ある噂を聞きつけて、ここへやってきた。旅の仲間になってくれるドールを探している」

 村の一族達は、この言葉を聞き、みあを男と共に旅立たせる決心をする。
 いくら頼りない若者といえども、一人で旅立たせるよりははるかにマシだ。

2013090811120000.jpg

「俺は……というんだ。君は?」
「私はみあ。一応、魔法使いです」

 ――こうして、みあと後の勇者の旅が始まった――。

 あおととフェイトは、数時間に及ぶ航海の末、ようやく西側の大陸――ビューテホープ――にたどり着いていた。
 西側の港町スイートツーは、東側の港町アマシーネ以上に活気があるように見える。
 アマシーネを田舎とするならば、西側は都会というと想像も容易い。
 ――と、その時、あおとにとっては聞き慣れない電子音が耳に入った。

2013090811270000.jpg

「……あ、私だ」

 電子音の持ち主は、どうやらフェイトだったらしい。
 それならばと、あおとは周りの風景を物珍しそうに眺め始める。

2013090811250000.jpg

(ここが西側かあ……。何だか凄いところだ。そしてこっち側の大陸に、あのドール達がいるんだ)

 思いを新たにするあおと。

2013090811360000.jpg

「――あおと、ごめん!」
「ん、どうしたの?」
「何でも屋を、一時休止のお知らせを出してくるのを忘れていたんだ」
「それってどういう意味?」
「たった今、依頼をしてくれたお客さんから連絡があって、今すぐに東側に戻って依頼をこなさなくちゃいけない」
「ええ!? それってキャンセルできないの?」
「何でも屋テスタロッサは、基本的にはキャンセル無しでやってるんだよ。……まあ、例外はあるけど」
「まあ、でも仕事なら仕方がないか……」
「本当にごめんね、あおと。急いで戻ってくるから!」

 そう言って、フェイトはすぐに出航する東側行きの船に乗り込み、早々に東側へ帰還する事になった。

(フェイトさんって、しっかりしているのか間抜けなのか、よくわからないよなあ……)

 間違っても、それを本人に言う気はないあおとだった。

「さて、と。呆けてても仕方がないし、とりあえず宿屋でも探すかな」

 宿屋を探して、右も左もわからないスイートツーの町を歩く。
 通り過ぎるドール達は、やはり女の子が多く、男の子ドールの少なさを物語る。
 しばらく歩いていくと、大きな噴水がある広場に出てくる。
 そこでは飲食も可能らしく、思い思いの方法で時を楽しむドール達の姿があった。

(第三次ドール大戦なんて物騒な名前があるけど、こうして見ていると世界は平和のように思えるんだけどなあ。……伝説の剣とか、本当に必要なものなんだろうか? いやいや、伝説の剣よりも、今はみあさんにもう一度会う為に何をするかだ!)

 賑わう広場の中、一際大きな声の存在に気が付いた。
 あおとは、よく耳をすませて、声の主を捜した。

2013090811520000.jpg

「――そういう事なら私に任せるっす! モンスターなんて、簡単に退治してあげるっすよ!」
「でもねえ……。結構強いモンスターなのよ?」
「平気っすよ。私は西側四天王の一人、音速の腐女子ユズハちゃんっすよ!」
「……あっ!」

2013090811520001.jpg

 思わず、大きな声を出してしまった。
 理由など言うまでもなく、捜していた相手がすぐそこにいたのだから。


↓宜しければ押していただけると、ドール達も喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピケ

Author:ピケ
2012/10/17 ドールデビュー!
初ドールはアゾン/ピュアニーモ魔女っ子みあ(白)
ツイッターでは miafun1017のアカウント名で活動中。
リンクフリーです。
現在、相互リンク・交流してくださる方を募集中!
記事のコメント、拍手コメントにてお知らせくださると嬉しいです。

☆ブログ内の主な登場人物達
・祐乃=ユノ
・祐菜=ユナ
・祐音=ユネ
・千歳=チトセ
・舞香=マイカ
・夢幻=アリス
・朱葉=アヤハ
・七神=ナナカ
・長門=ナガト

撮影は2014/7/18よりNikon COOLPIX P100を使用。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
120位
アクセスランキングを見る>>
参加ランキング
応援バナー
DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! 初音ミク × Dollfie Dream(R) マクロスF × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ