FC2ブログ

覇章3~ギムナジウム学園~

2014011421000000.jpg
 
――ちょっととたくさんの時間をかけて、あおと、フェイト、サクヤの三人は北のギムナジウム学園に到着したのだった。

「うわーっ、ついちょっと前までここにいたのに、凄く懐かしく感じちゃうよ!」
「おかえりなさい、あおと君。そして――」

2014011421010000.jpg

 サクヤはフェイトを見つめる。

「ようこそ、フェイトさん。ここがギムナジウム学園ですよ」
「ギムナジウム学園……」

2014011421000001.jpg

 サクヤの優しい言葉よりも、フェイトはギムナジウム学園に圧倒されていた。
 外装は至って普通の学園なのだが、通常では見られないような圧巻の雪の量が、フェイトの視線を釘付けにしていたからだ。

「さあさあ、いつまでも外にいるのも寒いですから、まずは中に入りましょう」

2014011421020000.jpg

 サクヤに促され、あおととフェイトは学園内部に通された――。


学園内に入ったあおと、フェイトの二人は、そのまま客室に待機させられる。

「――わたくしは少しだけ席を外します。どうか、このまま待っていてください」
「えー……。こんなつまらない所でですか?」

2014011421020001.jpg

 あおとは、ぶーぶーと文句を言った。

「すぐ戻りますよ……」

 文句を言い続けるあおとを、軽く一蹴してみせたが、フェイトはサクヤの対応にどこか影を帯びていると思った。
 そんな事はあってないようなもので、二人は待機を強いられる。




2014011421030000.jpg

 サクヤは一人、誰もいない廊下を歩いていた。
 その廊下にはギムナジウム学園の生徒が来る事はない。

「――遅かったじゃないか」

 サクヤがとある一室に入った時、ふいにそんな言葉が投げつけられた。

2014011421040000.jpg

「すみません。ですが、貴女ほど人を待たせる人もいないでしょう?」
「そうだっけ? 私は時間にきちんとしている方だと思っていたけど……」
「四天王、最高の攻撃力を持つリセさん――」



↓宜しければ押していただけると、ドール達も喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピケ

Author:ピケ
2012/10/17 ドールデビュー!
初ドールはアゾン/ピュアニーモ魔女っ子みあ(白)
ツイッターでは miafun1017のアカウント名で活動中。
リンクフリーです。
現在、相互リンク・交流してくださる方を募集中!
記事のコメント、拍手コメントにてお知らせくださると嬉しいです。

☆ブログ内の主な登場人物達
・祐乃=ユノ
・祐菜=ユナ
・祐音=ユネ
・千歳=チトセ
・舞香=マイカ
・夢幻=アリス
・朱葉=アヤハ
・七神=ナナカ
・長門=ナガト

撮影は2014/7/18よりNikon COOLPIX P100を使用。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1855位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
83位
アクセスランキングを見る>>
参加ランキング
応援バナー
DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! 初音ミク × Dollfie Dream(R) マクロスF × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ