第十五話:衛生法規8

siken51.jpg

祐乃「それでは、食品安全基本法について勉強していきます」

舞香「近年の食の安全の問題、これについてまずはやっていこか」

祐菜「近年っていうと……やっぱりノロウイルスとかですか?」

舞香「確かにノロウイルスの問題は、近年の食においては大きく話の中に入ってきた問題やね。その他、O-157による大量食中毒の発生、農薬や添加物の問題もよく出てるなあ」

祐乃「問題が国際化しているのも特徴の一つみたいですよ。少し前の話題ですが、BSE問題や輸入野菜の違法残留農薬なんてありましたね」

siken52.jpg

祐菜「ああ……あの有名な牛丼チェーン店から、牛丼が消えてしまったという」

舞香「うちは豚丼も好きやったけど、やっぱり牛丼の復活はないのかって焦った思い出はあるなあ」

祐乃「――といった次々に発生する食品被害の問題から、消費者を守る為に2003(平成15)年に制定されたのが、食品安全基本法、というわけですね」

舞香「その食品安全基本法では、3つの基本的理念っちゅうのがあるんよ」

祐乃「国民の健康保護、食品を供給する段階での適切な措置、国民の健康への悪影響を未然に防ぐ、という3つなのですが、その意味合いも兼ねて下記にまとめました」

・国民の健康保護
国民の健康保護が、最も重要だという認識のもとで、食品の安全性の確保を行う。

・食品を供給する段階での適切な措置
生産から販売までの全ての段階で、食品の安全性を確保する為に、適切な措置をとらなければいけない。

・国民の健康への悪影響を未然に防ぐ
科学的知見に基づいた対策をとり、国民の健康への悪影響を未然に防ぐようにしなければいけない。


舞香「いやー、本当に祐乃ちんのまとめは鮮やかやね」

祐乃「参考書のデキが良いですから、私はそれを写しているだけですよ」

祐菜「祐乃お姉ちゃん、かっこいい……」

舞香「んでやな、上記の祐乃ちんがまとめてくれた理念をきちんと実行する為に、国、地方自治体、食品関連事業者、消費者の4者に責務と役割を定めているんや」

祐乃「そして流れるように、下記より4者の責務と役割、のまとめです」

・国の債務
食品の安全を確保する為の施策を策定し、実施する。

・地方公共団体の債務
食品の安全性を確保する為に、国とは異なる役割を担い、地域の自然や経済、社会などの条件に応じた施策を策定し、実施する。

・食品関連事業者の債務
食品の安全性を確保する為に、最も重要な責任を持っていると認識し、行政の施策に協力しつつ、食品を供給する段階で適切な措置をとる。

・消費者の役割
食品の安全性などについて、消費者も知識、理解を深め、行政へ積極的に意見を述べる。


舞香「ちなみに調理師は食品関連事業者に当てはまるんや。その事を自覚して適した行動をとれるようにせなあかんのや。また消費者も、食べられれば良いだなんて思わず、まとめに書いてあるように、知識と理解を深めて、行政へ意見を述べられるように意識してかなあかんね」

祐菜「自分の立場に限らず、何らかの協力をしていこうという心構えが大切になってくる感じですか」

祐乃「食品安全基本法の基本施策では、リスク評価、リスク管理、リスクコミュニケーションという3つの言葉があるの」

祐菜「リスク評価、リスク管理、リスクコミュケーション……」

祐乃「3つのリスクについて、またまた下記にまとめてみました」

・リスク評価
食品安全委員会による食品健康影響評価の実施。

・リスク管理
リスク評価の結果に基づき、適した施策の策定。

・リスクコミュニケーション
全ての関係者間で情報、意見の交換を促進する。


舞香「それぞれのリスクに関連する機関がいて、食品安全委員会、消費者庁、環境省・農林水産省・厚生労働省など、があるんや」

祐乃「それら3つの役割も下記にまとめました」

食品安全委員会
・リスク評価(食品健康栄養評価)の実施
・リスクコミュニケーションの実施
・緊急事態への対応

消費者庁
・食品安全基本法の「基本的事項」の策定
・リスクコミュニケーションの実施
・緊急事態への対応y・全体調整
・健康増進法の特定保健用食品の表示の許可

環境省・農林水産省・厚生労働省など
・リスク管理を行う(リスク評価結果に基づき、食品の安全性確保の施策を策定、実施する)


祐菜「色々な人達が頑張って、食の安全について考えているんだね」

siken53.jpg

舞香「これだけの事やからね。誰か人が頑張ったって終わりはしないわ。みんなで協力する事の大切さやな」

祐乃「そうですね。私達の活動するこのブログも、みんなの頑張りでできていますからね」

舞香「祐乃ちんが良い事言ったところで、続きページへと畳むで!」

祐乃「では本記事の最後に、食育基本法について話を進めていきましょう」

祐菜「食育ってのはよく聞くけど、食育基本法って? 基本法って事は、法律になってるって事?」

舞香「祐菜ちんにしてはめずらしく賢かったやないの。まあまず食育って事に関して説明しとくよ」

1.生きる上での基本であり、知育、徳育、体育の基礎となるもの。
2.様々な経験を通じて、食に関する知識食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する事ができる人間を育てる事。


舞香「――と、いうのが食育ってやつやね」

祐乃「健康的な食生活を送る為に、必要な食知識を身につけさせる。という事ですね」

舞香「せやせや。現代社会では、過度のダイエットによる痩せ過ぎや食べ過ぎによる肥満、生活習慣病の増加などといった様々な問題が起きとるわけや。こういったものを社会問題として捉えて、2005年に制定、施行されたのが食育基本法っちゅうわけや」

siken54.jpg

祐菜「2005年って、結構最近になって制定されたんですね」

祐乃「国民が生涯にわたって健全な精神を培い、豊かな人間性を育む事ができるよう、食育に関する施策を総合的かつ計画的に推進する事。――法律の条文を引用してみました」

舞香「まあ、法律にするほどの事かっ、って感はあるんやけど、これも大切な法律なわけやね」

祐乃「具体的な施策としては、国は内閣府に食育推進会議を設置し、食育推進基本計画を作成。これに基づいて、それぞれの地域における食育推進計画を作成するように求められているの」

舞香「それと内閣府は毎年、食育推進の為に実施した施策を食育白書にまとめて国会に提出しているんよ」

祐菜「何だか、冥王計画とか幽遊白書とかを連想する言葉ですね!」

舞香「……ん、あ、せやね」

祐乃「食育基本法の基本的な施策は、下記にまとめました」

1.家庭において食育を推進する。
2.学校や保健所において食育を推進する。
3.地域において、食生活改善の為の取り組みを推進する。
4.食育推進運動を展開する。
5.生産者と消費者の交流を促進し、環境との調和のとれた農林漁業を活性化させる。
6.食文化継承の為の活動を支援する。
7.食品の安全性、栄養などの食生活に関する調査、研究、情報の提供、国際交流を推進する。


祐菜「うっへえ……7つも覚えるの~……」

舞香「といっても、7つとも常識的というか、当たり前的に考えればそんなに難しい事やないやん」

祐乃「そうですね。基本法の基本的施策ですから、おおよそ基本的だね」

祐菜「うーん、そうなんだけど……」

舞香「さ、とりあえずここから先は次回にしよか!」

祐乃「はい、お疲れ様でした」

舞香「おつー」

祐菜「お疲れさまでしたっ!」


↓宜しければ押していただけると、ドール達も喜びます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピケ

Author:ピケ
2012/10/17 ドールデビュー!
初ドールはアゾン/ピュアニーモ魔女っ子みあ(白)
ツイッターでは miafun1017のアカウント名で活動中。
リンクフリーです。
現在、相互リンク・交流してくださる方を募集中!
記事のコメント、拍手コメントにてお知らせくださると嬉しいです。

☆ブログ内の主な登場人物達
・祐乃=ユノ
・祐菜=ユナ
・祐音=ユネ
・千歳=チトセ
・舞香=マイカ
・夢幻=アリス
・朱葉=アヤハ
・七神=ナナカ

撮影は2014/7/18よりNikon COOLPIX P100を使用。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
154位
アクセスランキングを見る>>
参加ランキング
応援バナー
DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! 初音ミク × Dollfie Dream(R) マクロスF × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ