フォースとランク解説 二時限目

201503231800236e3.jpg

冷音「では、フォースに関する説明をしていきますわよ。準備はよろしいかしら?」

祐菜「お、おうよ!」

冷音「先にも言ってある通り、フォースにはランクというものが存在しています。このランクはCからSの四段階がありますの」

祐菜「たった四段階しかないんだ?」

冷音「とはいっても、実際に一般的に目にするのはCランクのフォースが一般的ですわね。Cランクは確かにフォースとしては弱いですが、日常で発動されればかなり厄介な代物なんですのよ」

祐菜「ふーん」

冷音「実感がわかないみたいなので、祐菜お姉様の過去の体験を例に説明していきましょうか」

祐菜「過去の体験?」

冷凍「まずは――」

201503231801546f6.jpg

冷音「舞香ですわね」

祐菜「舞香さん? そんな能力あったっけ? あの人、色々と超人的だからなあ」

冷音「その超人的というのも、ある意味ではフォースの一部なのですわよ」

祐菜「そうなんだ?」

冷音「舞香のフォースは、あらゆる選択を二分の一にする能力なんですの」

祐菜「あ、あー……あれか」

冷音「この能力、まだフォースを持つ前の一般ドールだった祐菜お姉様には、さぞズルい能力でしたね?」

祐菜「いやはや全く!」

冷音「それでも舞香のフォースはランクとしては弱いもので、Cランクのフォースなのです」

祐菜「マジすか!?」

冷音「でもこの時の敗北をきっかけに、祐菜お姉様はお父様に良いフォースを授けてもらえましたね」

201503231800248e9.jpg

祐菜「ホビロンだね!」

冷音「その通りです。ホビロンは否定の能力ですわ。ランクは前回に言った通りAランクというレアな能力なんですの」

祐菜「素晴らしい!」

冷音「但し! ホビロンは消費フォース量が多く、祐菜お姉様では一日に二回もできれば万歳なものです 」

祐菜「へえ……」

201503231800237dc.jpg

冷音「同じAランクにはワタクシの赤い眼があります。とはいっても、同じAランクでもレアなのはワタクシの眼なので、ホビロンでは否定できない事が多数あります」

祐菜「レア度みたいなものの基準ってあるの?」

冷音「現時点では曖昧なものです。強いて言うなら能力の強さみたいなものがレア度ですわ。強さの基準は……感じてくださるかしら」

祐菜「うーん。頭から煙が出そう……」

2015032318002666c.jpg

冷音「千歳のフォースはあまり表に出た事はありませんけど、その歌声で相手のフォースを乱す能力を備えていますですわね」

祐菜「フォースを乱す?」

冷音「平たく言うと、相手を感動させる事ですわ。フォースの使用には感情エネルギーが直結していますから、感情を動かすという点でフォースを乱す、とあえて言わせていただきました」

祐菜「何かランク凄そうだね!」

冷音「千歳の能力はBランクですわね」

祐菜「B? Aかと思ったのに」

冷音「Bランクと聞くとあまり凄そうには感じないかもしれませんが、AやSといったランクが稀というだけで、ノーマルに存在するフォースの中ではBランクは最高水準なんですわよ」

祐菜「何かランク基準って大雑把だなあ……」

冷音「その考えは間違っていませんわね。ランク分けされたのはつい最近の事なのですから、大雑把なのは仕方なし、ですわ」

20150323180027992.jpg

祐菜「夢幻ちゃんは?」

冷音「夢幻のフォースは……実はまだ覚醒していません」

祐菜「えっ!? だって随分と前に……確か、相手の心を読む能力みたいなのを披露していた気がするけど?」

冷音「あれは夢幻のフォースではなく、夢幻のキーネックレスの能力なのですわ。この世界にはキーネックレスのように特殊な能力を宿した宝具が存在しますの。ですが、今回はあくまでもフォースとランク解説ですので、宝具に関してはスルーさせていただきます」

祐菜「覚醒してないって事は、夢幻ちゃんのランクは無しって事だよね?」

冷音「そう考えてくださって結構だと思いますわ」

20150323180151214.jpg

祐菜「祐乃お姉ちゃんは、前に話していた通りSランクのフォースなんだよね?」

冷音「ええ、それは間違いないですわね。妖精だけでなく何かを召喚するというのは、新たなキャラクターの創造。それはこの世界の事実上の神でありマスターであるお父様クラスにしか成しえない事です」

祐菜「さすが祐乃お姉ちゃん!」

冷音「全くですわね。Sランクのフォースなんて、今後お目にかかれるかわかりませんわよ」

20150323180154a46.jpg

祐菜「ふうむ。フォースって奥が深そうだね……」

冷音「当然ですわ。新たなキャラクターが増えれば、その分だけフォースは生まれていきます」

祐菜「しっかし、いつからユナ達の世界はこれほどまでのファンタジーが組み込まれていってしまったのだろう……」

冷音「知覚していないだけで、世界には様々な力が溢れていますわよ。それを認められるか認められないかで、フォースの在り方は変わっていくのです」

祐菜「フォースと共にあれ。って事かな」

冷音「いいセンスですわね」


↓面白くなくてもポチッとな!

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピケ

Author:ピケ
2012/10/17 ドールデビュー!
初ドールはアゾン/ピュアニーモ魔女っ子みあ(白)
ツイッターでは miafun1017のアカウント名で活動中。
リンクフリーです。
現在、相互リンク・交流してくださる方を募集中!
記事のコメント、拍手コメントにてお知らせくださると嬉しいです。

☆ブログ内の主な登場人物達
・祐乃=ユノ
・祐菜=ユナ
・祐音=ユネ
・千歳=チトセ
・舞香=マイカ
・夢幻=アリス
・朱葉=アヤハ
・七神=ナナカ

撮影は2014/7/18よりNikon COOLPIX P100を使用。

カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
154位
アクセスランキングを見る>>
参加ランキング
応援バナー
DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! DD公式ファンブックVol.3表紙総選挙! 初音ミク × Dollfie Dream(R) マクロスF × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ